ここからサイトの主なメニューです

会社案内

本社社屋

経営理念

パスカルはグローバルな視野を持ち、常に時代の最先端を見つめ、新しい技術,商品のニーズを先取りし、“技術と情報”“技術と技術”の複合化を計り自己研鑽を重ね、社会に貢献することを目標とする。

  • 研鑽とは、物事を深く調べ、研究することである。

基本方針

会社の繁栄と社員の幸福追求を目指す。

  • 繁栄とは、知恵を出し行動し利潤を上げ会社を発展成長させることである。
  • 幸福とは、物・心両方のことである。

行動指針

知恵を出し、的確な計画を立て、積極果敢な行動を起こす。

新製品情報

2020年2月
【真空部品】
アジレント社製 新型TMP TwisTorr 305 FS
2017年3月
【真空薄膜形成装置】
レーザーアシスト基板加熱機構
2010年9月
【表面分析装置】
飛行時間型原子散乱表面分析装置 TOFLAS-3000
その他の新製品情報 >>

イベント情報

その他のイベント情報 >>

トピックス

2021年5月1日
関東営業所(埼玉県新座市)を移転しました。
2018年12月17日
茨城事業所(茨城県那珂市)を移転しました。
2013年10月31日
文部科学省による「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」拠点に東京大学等と共に採択されました。
2011年4月15日
原子散乱表面分析装置 が、りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞共催第23回「中小企業優秀新技術・新製品賞」一般部門“優良賞”を受賞しました。
その他のトピックス >>
  • ページの先頭に戻る