ここからサイトの主なメニューです

株式会社パスカルは、真空機器・装置,理化学機器・装置においてグローバルな視野を持ち、常に時代の最先端を見つめ、新しい技術と商品ニーズを先取りし、ユーザー様の役に立つ製品を提供し続けています。

新 製 品

製品紹介

飛行時間型原子散乱表面分析装置

TOFLAS-3000

  • “世界初!”電気的に中性な原子ビームの採用で、従来のイオン散乱表面分析装置では不可能だった絶縁体表面の極性判別や構造解析,元素同定、さらに電場・磁場中での「その場分析」も可能になりました。
飛行時間型原子散乱表面分析装置

真空薄膜形成装置 / 成膜装置

有機デバイス用赤外線レーザー蒸着装置

表面分析装置

飛行時間型原子散乱表面分析装置

真空部品・コンポーネント

高真空排気システム

その他各種取扱製品

金属ベリリウム窓

トピックス

2021年5月1日
関東営業所(埼玉県新座市)を移転しました。
2018年12月17日
茨城事業所(茨城県那珂市)を移転しました。
2013年10月31日
文部科学省による「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」拠点に東京大学等と共に採択されました。
2012年11月1日
茨城事業所(茨城県那珂市)を開設しました。
2011年4月15日
原子散乱表面分析装置 が、りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞共催第23回「中小企業優秀新技術・新製品賞」一般部門“優良賞”を受賞しました。
その他のトピックス >>

イベント情報

その他のイベント >>

新製品情報

2020年2月
【真空部品】
アジレント社製 新型TMP TwisTorr 305 FS
2017年3月
【真空薄膜形成装置】
レーザーアシスト基板加熱機構
2010年9月
【表面分析装置】
飛行時間型原子散乱表面分析装置 TOFLAS-3000
その他の新製品情報 >>

技術情報

PLDの概要とパスカル製PLDの特長

  • パルスレーザーデポジション(PLD)法やレーザー分子線エピタキシー(LMBE)、コンビナトリアル手法に関する技術情報を掲載!
  • ページの先頭に戻る