ここからサイトの主なメニューです

トールシール・ミキシングシステム

Torr Seal Mixing System

トールシール・ミキシングシステム

アジレント(バリアン)のトールシール・ミキシングシステムは、簡単な操作で真空機器システムの漏れを修理する新しいシステムです。

このシステムは低蒸気圧樹脂シーラントを使用し、組織的で科学的な方法によるエポキシ物質の混合を同時に提供いたします。

このシステムは金属,セラミックス,ガラスの漏れに効果を発揮します。

大気圧から10-9Torrまでの圧力の圧力及び−45℃から120℃の温度で使用可能です。

概要

本シール剤は、金属,セラミックス及びガラス材のリークシール剤として真空システムに適用できます。

適用

真空システムのシール剤として長期間にわたり、真空封じを実施します。

  • 適用例 : 真空炉,研究機関用チャンバー、スパッタ・真空蒸着装置、真空配管

デバイスの接着剤として利用されます。強力な接着性を生かし、セラミックデバイスやステンレスデバイス等の接着剤としても広く利用されています。

  • 適用例 : :セラミック電極の取り付け、ガラスデバイスの接着等

特長

  • 金属・セラミック・ガラスに対して強い接着能力を有します。
  • ソルベントを使用しないシール剤のため、使用後直ちにリークチェックが実施できます。
  • 室温において、1〜2時間で硬化します。
  • 大気圧から10-9Torrまでの超高真空システムに適用できます。
  • 120℃までの焼きだし温度に適合できます。
  • 長期間の使用にも充分な信頼性を有します。

主な仕様

圧縮強度 10,000PSI±20% (25℃)
歪み強度 11,000PSI±20%
引張強度 5,000PSI±30%
硬化時間 1〜2時間(25℃),30分(60℃)
完全乾燥時間 24時間(25℃),2時間(60℃)
硬度 75〜80Shore D
燃焼ガス 異常温度による放出ガス ; Nox,CO2,H2O,CO
非粘着物 テフロン,Kel-F,ナイロン,ポリプロピレン
吸湿性 0.3%(24 時間水中没入時)
耐酸化性 25℃でSF6 も耐酸化性を有します。
絶縁定数 6.1(25℃,1KHz)
絶縁強度 350Volts/mil (mil;1000分の1インチ)
消費要素 0.09(25℃,1KHz)
膨張率 30.3×10-6 1/℃(30℃〜60℃)
適用温度 −45℃〜120℃
フラッシュポイント 175℃

新製品情報

2015年7月
【その他各種取扱製品】
テラヘルツ発生・検出器 (光伝導アンテナ)
2013年10月
【真空部品】
アジレント社製 新型スクロールポンプ IDP-15
2013年7月
【真空部品】
アジレント社製 新型TMP TwisTorr 304 FS
2010年9月
【表面分析装置】
飛行時間型原子散乱表面分析装置 TOFLAS-3000
2010年3月
【極低温冷凍機システム】
アクセスドア仕様 光学&電気測定用冷凍機システム 〔小型 4K GM CRYO COOLER〕
その他の新製品情報 >>

イベント情報

2017年9月5日〜8日
【併設展示】
第78回応用物理学会秋季学術講演会(於:福岡国際センター)

トピックス

2013年10月31日
文部科学省による「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」拠点に東京大学等と共に採択されました。
2013年9月27日
原子散乱表面分析装置 に、関連技術情報3件を掲載しました。
2012年11月1日
茨城事業所(茨城県那珂市)を開設しました。
2011年4月15日
原子散乱表面分析装置 が、りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞共催第23回「中小企業優秀新技術・新製品賞」一般部門“優良賞”を受賞しました。
その他のトピックス >>
  • ページの先頭に戻る