ここからサイトの主なメニューです

製品紹介

真空薄膜形成装置 / 成膜装置

表面分析装置

極低温冷凍機システム

真空部品・コンポーネント

その他各種取扱製品

VACSEAL

VACSEAL

SPI Supplies 社の VACSEAL は、米国航空宇宙局(NASA)や多くの企業、大学、研究所で長年使用され、信頼性の高い高品質なリークシーラントです。

毒物及び劇物に該当する物質は含まれていないので、保管・販売・取り扱いに関して法律上の規制はありません。

特長

  • 主成分はシリコン樹脂です。
  • 使用温度範囲は−200℃〜450℃となっています。
  • 液体窒素に対して安定しています。
  • 高真空、超高真空など真空環境下での使用が可能です。
  • 硬化時間は200℃で30分、250℃で15分、室温で3〜4日です。

用途

  • ガラス、セラミックスと金属の接合部のリーク(例:ビューポート窓、電流導入端子、真空ゲージ)
  • UHV装置の金属ガスケット部や溶接部のリーク(例:フランジ、フランジとベロー溶接部)
  • 溶接部の線上のリーク
  • ロウ付部のリーク

新製品情報

2015年7月
【その他各種取扱製品】
テラヘルツ発生・検出器 (光伝導アンテナ)
2013年10月
【真空部品】
アジレント社製 新型スクロールポンプ IDP-15
2013年7月
【真空部品】
アジレント社製 新型TMP TwisTorr 304 FS
2010年9月
【表面分析装置】
飛行時間型原子散乱表面分析装置 TOFLAS-3000
2010年3月
【極低温冷凍機システム】
アクセスドア仕様 光学&電気測定用冷凍機システム 〔小型 4K GM CRYO COOLER〕
その他の新製品情報 >>

イベント情報

2019年1月10日〜11日
【併設展示】
第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(於:福岡国際会議場)
2019年3月9日〜12日
【併設展示】
第66回応用物理学会春季学術講演会(於:東京工業大学 大岡山キャンパス)
その他のイベント情報 >>

トピックス

2018年12月17日
茨城事業所(茨城県那珂市)を移転しました。
2013年10月31日
文部科学省による「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」拠点に東京大学等と共に採択されました。
2013年9月27日
原子散乱表面分析装置 に、関連技術情報3件を掲載しました。
2011年4月15日
原子散乱表面分析装置 が、りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞共催第23回「中小企業優秀新技術・新製品賞」一般部門“優良賞”を受賞しました。
その他のトピックス >>
  • ページの先頭に戻る